2017年12月03日

前日・当日・翌日

【11月30日 手術日前日】

術後しばらくはトリミングに出せないことを考えて 顔周りだけママがカット
DSCN4948.JPG

DSCN4949.JPG
シャンプーは 腫瘍を刺激したら怖いので やめておきました

夕方の散歩は 近くの神社へ 手術の成功を祈願しました

手術前の最後のご飯は夜8時 これ以降は水以外はダメ

DSCN4945.JPG 
薬の効果で 腫瘍は少し小さくなっていたと思います


【12月1日 手術日当日】

普段だったら 前夜の11時に食べていても 空腹をアピールするここが
この朝は 全くごはんの催促がなくて 
分かっているのかな? 感じているのかな? と思いました

9時過ぎに病院へ とげ抜き地蔵の御姿とともに ここを託しました

午後3時頃 先生から手術が終わったとの電話連絡 おおまかに状態を確認
手術自体は問題なく進み 今は全身麻酔からの覚醒後の様子見と伺い
7時少し前に 病院にお迎えへ

ここが出てくる前に診察室で しばらく説明を受けました
切除した皮膚も見ました
腫瘍部分とマージン(腫瘍のまわりの組織部分)を含め100円玉よりは大きく
イメージ的には500円玉くらいのサイズでした
広く切り取るといわれていて覚悟していたからか 想像よりは狭い範囲
でも ここの太ももからしたら 広範囲ですね
この切除部分を検査に出して 診断をしてもらうのが 病理検査です

先生の話
悪い部分は取り切ったと思う
切除後の皮下には 肥満細胞腫は見られない
ただ正確な判断は 病理検査の結果を見て

全身麻酔をするついで?に診ていただくお願いをした 内臓系のエコーは
胆泥はあるものの それも気にするほどではなく 他は問題なさそうでした
あ 脾臓が少し大きかったので それは また観察かな

ひと通り話が終わり エリザベスカラーをつけて ここ登場
予想外に元気でした 尻尾も上がっていたので安心しました
エリザベスは ここが手術痕をいじらないための措置ですが
用意してきた カバーオールを着せれば 手術痕が隠れ 2重の防護です 
縫い目はテープで保護されていたので 見えませんでしたが 7〜8針縫ったとか
テープはテープ負けを防ぐため 3日後にはがしてもらいに通院 
そのときに傷口も診てもらうことを決め 引き取って帰りました

帰宅後は ご褒美のヨーグルトをぺろりと食べて 晩ごはんのフードも完食
手術痕を 気にしたり 痛がったり かばったりする様子もありませんでした

DSCN4953.JPG
でも さすがにお疲れの エリザベートここでした
頑張ったんだもんね 偉かったね ゆっくり休もうね

【12月2日 手術日翌日】

痛がる様子は特になく ただただ ほとんどの時間を寝ていたここです

DSCN4954.JPG
退院時に着せた服の腿の部分に漿液がにじんでいますが 
心配はいらないといわれていたので そのままにしていました

ちなみに ママも なんだか とっても筋肉痛だし眠いしで
ここと一緒にずっと昼寝していました
この1週間 やっぱり緊張していたのかな


明日は テープをはがしに病院へいきます
べりッとはがすんですって 
そのときに初めて 縫い目をみることになります すこーしドキドキ

ニックネーム かんな at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/4245369
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック