2017年12月15日

通院一段落

本日 残っていた部分も取ってもらって 抜糸完了しました

病院へいく前   金属の糸が残っていたのは上のほう
DSCN4978.JPG

帰宅後   かさぶたもはがしてもらっていました
DSCN4980.JPG


DSCN4979.JPG
ずっと着せていた服をいったん脱がせて スリッカーをかけてあげて

DSCN4982.JPG
久しぶりに 丸裸のここです


現在 左脚が チューリップ唐揚げ のここ
剃った部分の毛が元通りになるのには時間がかかりそうだけれど
心配事がなくなった年末年始を過ごせるのが 嬉しいです

お見舞いのことば 応援のことば ありがとうございました

ニックネーム かんな at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月11日

徐々に抜糸

抜糸が進んでいます

9日 半分以上
本日11日 さらに残ったものの半分くらい と抜糸されています
1回で終わるのかと思っていたら 数回に分けてなのは
動きのある部分(脚)なので 念を入れて だそうです

本日病院から帰宅後の 手術部分は もう見せてもいいかな 程度に回復
DSCN4974.JPG

7日に パフくんが会いに来てくれた頃は エリザベス姿が定番でしたが
DSC_0117_crop_1200x900.JPG
今日からは エリザベスは 留守番のときだけにして
飼い主が見ていられるときには 長ズボンの上に 包帯サポーターをして
過ごさせようと思います
DSCN4973.JPG

カラーを外してもらって 庭で遊ぶここ

元気でしょ
この様子ならば 明日からでも お散歩再開できますね

最後の抜糸は 15日の金曜日になります


ニックネーム かんな at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月09日

病理検査

ここの 病理検査結果は 大きく安心するものでした

診断書には いろいろと所見が書かれていたけれど
内容としては

病理に送った切除部分には 
組織学的なグレードで三段階ある真ん中の GradeUの肥満細胞腫が形成されていたけれど
その送った皮膚の切除の縁には 腫瘍組織は見られない
標本上では完全切除で脈管浸潤も見られないため良好な経過を示す可能性がある

こんな 内容で おおむね 予測通りながら
やっぱり 完全切除の文言を目にすると 
あー良かったとの思いでいっぱいになりました

ご心配いただいたみなさま ありがとうございました

診断書の最後には
基本的に悪性度の高い腫瘍であり 定期的観察には十分な注意が必要である
とされていたので 今後も気をつけつつ 暮らします


ニックネーム かんな at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月05日

術後4日目

宣言通り 術部の保護テープは 昨日はがしてもらいました

初めて じっくり観察できた手術の痕は 想像より縫い目が長くて
数えたら 10針くらいはあるようで 痛々しいし
仕方ないけれど 周囲の毛も広く刈られていて 片足だけショーカット仕様です

でも 縫合部は順調にふさがってきているそうで 次の通院時に抜糸
8〜10日あたりに来るようにといわれました

ここ自身も元気です

露出した患部をいじらないようにと 装着されているエリザベスカラーにも不満をいわず
とっても頑張っています
寝ている時間は少し長いけれど 寝るコは治る! がパパママ一致の認識

この ここの頑張りが どうか報われますように

DSCN4963_Moment_Moment(2).jpg



以下 縫合部が見える画像と動画を載せています
一応はあまり痛々しく見えないようなのを選びましたので
見るのが負担じゃない方は 続きを読む から現在のここを ご覧ください
続きを読む
ニックネーム かんな at 16:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月03日

前日・当日・翌日

【11月30日 手術日前日】

術後しばらくはトリミングに出せないことを考えて 顔周りだけママがカット
DSCN4948.JPG

DSCN4949.JPG
シャンプーは 腫瘍を刺激したら怖いので やめておきました

夕方の散歩は 近くの神社へ 手術の成功を祈願しました

手術前の最後のご飯は夜8時 これ以降は水以外はダメ

DSCN4945.JPG 
薬の効果で 腫瘍は少し小さくなっていたと思います


【12月1日 手術日当日】

普段だったら 前夜の11時に食べていても 空腹をアピールするここが
この朝は 全くごはんの催促がなくて 
分かっているのかな? 感じているのかな? と思いました

9時過ぎに病院へ とげ抜き地蔵の御姿とともに ここを託しました

午後3時頃 先生から手術が終わったとの電話連絡 おおまかに状態を確認
手術自体は問題なく進み 今は全身麻酔からの覚醒後の様子見と伺い
7時少し前に 病院にお迎えへ

ここが出てくる前に診察室で しばらく説明を受けました
切除した皮膚も見ました
腫瘍部分とマージン(腫瘍のまわりの組織部分)を含め100円玉よりは大きく
イメージ的には500円玉くらいのサイズでした
広く切り取るといわれていて覚悟していたからか 想像よりは狭い範囲
でも ここの太ももからしたら 広範囲ですね
この切除部分を検査に出して 診断をしてもらうのが 病理検査です

先生の話
悪い部分は取り切ったと思う
切除後の皮下には 肥満細胞腫は見られない
ただ正確な判断は 病理検査の結果を見て

全身麻酔をするついで?に診ていただくお願いをした 内臓系のエコーは
胆泥はあるものの それも気にするほどではなく 他は問題なさそうでした
あ 脾臓が少し大きかったので それは また観察かな

ひと通り話が終わり エリザベスカラーをつけて ここ登場
予想外に元気でした 尻尾も上がっていたので安心しました
エリザベスは ここが手術痕をいじらないための措置ですが
用意してきた カバーオールを着せれば 手術痕が隠れ 2重の防護です 
縫い目はテープで保護されていたので 見えませんでしたが 7〜8針縫ったとか
テープはテープ負けを防ぐため 3日後にはがしてもらいに通院 
そのときに傷口も診てもらうことを決め 引き取って帰りました

帰宅後は ご褒美のヨーグルトをぺろりと食べて 晩ごはんのフードも完食
手術痕を 気にしたり 痛がったり かばったりする様子もありませんでした

DSCN4953.JPG
でも さすがにお疲れの エリザベートここでした
頑張ったんだもんね 偉かったね ゆっくり休もうね

【12月2日 手術日翌日】

痛がる様子は特になく ただただ ほとんどの時間を寝ていたここです

DSCN4954.JPG
退院時に着せた服の腿の部分に漿液がにじんでいますが 
心配はいらないといわれていたので そのままにしていました

ちなみに ママも なんだか とっても筋肉痛だし眠いしで
ここと一緒にずっと昼寝していました
この1週間 やっぱり緊張していたのかな


明日は テープをはがしに病院へいきます
べりッとはがすんですって 
そのときに初めて 縫い目をみることになります すこーしドキドキ

ニックネーム かんな at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする