2016年10月12日

楽しい試行錯誤(^_-)-☆

ママにとっては 最初にモノにしたい 大事な基本操作のひとつですGood

_20161012_174201.JPG

collage-1476261055508.jpg

ニックネーム かんな at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | かんな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月20日

やっぱりね…

精一杯やったつもりだから 悔いはないです

なんてこと ないのです 後悔はあるのです


あの日が最後だってわかっていたら

もう一度お庭に出して 芝の上に ごろんってさせてあげればよかった

「ここがいない間に お庭出てみようね」って言っておいて 寝かせたままだったね

楽しみに待ってたかな 約束破ってごめんね  


こんなに早くいなくなるってわかっていたら フードも おやつも 好きなものを 

もっと早くから 量なんて気にしないで食べさせてあげればよかった

急いで買ってきたのに ななが食べてくれなかった バナナやヨーグルトは 

こことママでせっせと食べてるよ

チキンスープは 飲んでくれてありがとう


最期のときに 抱いていてあげればよかった

でも 言い訳していいかな?

あんなに あっけなく 逝っちゃうとは 思わなかったんだ


会いたいな


ニックネーム かんな at 00:08| Comment(2) | TrackBack(0) | かんな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月26日

特効薬

最近 我が家には 訪問者が多いんですよ
訪問者っていっても 勧誘系 新興宗教だったり なんかのセールスだったり・・・

今日だって 車で出かけるときに 近所の家の玄関先に 女性二人連れがいるのを見て
もしや!? と思ったのだけど
帰宅して インターホンの記録見たら やっぱりうちにも ピンポンしてた
あれは きっと 勧誘に違いないわどんっ(衝撃)

こういうのが増える 季節なのかしら 
そういう季節ってあるのかしら?

家にいるときに ピンポーンってなると
白くてちっちゃいヤツがワンワン吠えるから インターホン越しの会話が成り立たずむかっ(怒り)
結局いつも 玄関まで出ての 対応になってしまうふらふら


あまりの そんな方々の多さに 
我が家から 心配事オーラが出ているのかしら なんて また心配しちゃう
心配ご無用ですからねっexclamation×2

なんて 
些細なことに 心が引っかかって
憤ったとき カリカリしたときに
心を静めてくれるのは やっぱり ななとここね
特に
過去の日記を読み返したり かわいい写真を眺めていると 落ち着いてくるよ

今夜も そうやっていて 久しぶりに ヒット作 見つけちゃった

450981391_186.jpg

10年近く前かなぁ 撮ってもらったものだった気がするなぁ 犬(笑)揺れるハート
ななが そして 飼い主も 元気いっぱいだった頃です

過去のお宝写真を見て 心満たされて 
でも 不思議と あの頃はよかったなぁ とは思わないものなのね
今も 幸せは続いているって 再確認するの 不思議ね 

そうそう 幸せいっぱいだもんね
つまらないことは 気にしない 気にしないGood

では お休みなさーい わーい(嬉しい顔)眠い(睡眠)



ニックネーム かんな at 01:25| Comment(2) | TrackBack(0) | かんな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月17日

良いでしょ〜〜(^_-)-☆

今週 誕生日を迎えたママは

お祝いに ビンテージワインを開けましたバースデーバー

PhotoFunia-1445040091.jpg

昨日は おしゃれなカフェでの 女子会がありました 喫茶店

PhotoFunia-1445048216.jpg




思い出して 久しぶりに 画像を加工して遊んでみた〜〜の

なんちゃって 芸術の秋アート



でもね

おしゃれなカフェじゃなかったけれど 昨日の女子会は ホントホントグッド(上向き矢印)

佐久マイスターさまと 素敵なティタイムを過ごしてきましたよ

共通する話題も多く 楽しいひとときでした ありがとうございましたぴかぴか(新しい)

寒さが厳しくなる前に 合同散歩も ぜひお願いします犬(笑)ヤギ


ニックネーム かんな at 11:52| Comment(2) | TrackBack(0) | かんな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月12日

虹の橋

大切な存在を失う悲しみは

想像しただけで 胸が締め付けられます


まだ 経験していない私ですらそうなのだから

どれだけ 辛くて悲しいことなのかと 思います

簡単に「元気を出して」なんて言えない

慰めたり 励ましたり する言葉が 見つかりません


いつか 思い出話をしたくなったら 聞かせください


ニックネーム かんな at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | かんな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする